Counter: 894, today: 3, yesterday: 0

・負荷をかけるPCのスペックが低い場合は特に、  Jmeterの多重度を一気にあげず、ピークを遅らすため、  Ramp-Upの値を長めに(例えば30秒とかに)します。

・Jmeterのループの仕方にもよりますが、初期処理→ 中心処理(無限ループ) の形の場合、  無限ループに定数スループットタイマーを入れて、スループットを定義します。  その値を例えば 5.0サンプル数/分 といった実態に近い値にします。 (若干予定負荷より高めに設定すると良いです)

・負荷だけを取得したい場合は、グラフ表示や統計レポートとといった機能を無効にして、  Jmeter側では極力負荷を減らすようにします。

・Web側で重たいのは認証処理なので、可能であれば、同じ処理を一斉に投入しないで、  負荷分散を検討ください。(Ramp-Upの設定効果もここにあります)

・スレッド数を絞ってループ数を増やすのも一つです。   スレッドの数でリソースを消費しますので。

・Web Server側のネットワークや認証系、コンテンツ(特に書き込み)で  ボトルネックがないかも確認します。

[参考リンク] ftp://ftp.hp.com/pub/jp-linux/mov/pdf/apach_jmeter.pdf

この実践編が参考になります。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-14 (木) 23:14:37 (1649d)